検索
  • satomi-yamamoto

二世帯住宅

最近ご要望が増えてきた二世帯住宅。

税制優遇やもしもの安心、子供たちの情操教育、家事の軽減などメリットがたくさん。

しかし、デメリットもあります。


二世帯住宅には3つの種類があります。


●完全分離型二世帯住宅

●完全同居型二世帯住宅

●部分共有型二世帯住宅


ではこれらのメリットを見ていきましょう。

●完全分離型二世帯住宅

水廻り・玄関などすべてが別々で各世帯が独立された世帯になっています。

二世帯の生活スタイルを維持できる、プライバシーも尊重できます。


●完全同居型二世帯住宅

プライベート空間のみ個々にあり、玄関・水廻り・リビングなどは共有となるため、建築費が抑えられます。土地の有効活用もでき、大家族の楽しさも満喫できます。


●部分共有型二世帯住宅

共有スペース以外の間取りが自由。共有部分の光熱費が抑えられる。行き来もしやすくプライバシーも守れる。

例えばメインLDKは共有だが、子世帯のリビングにもミニキッチンがあったり、子世帯にシャワー室があったり、あくまでもサブで使う住設があるイメージです。


ではデメリットはどうでしょうか。

●完全分離型二世帯住宅

生活面でのデメリットはあまり見当たりませんが、3つのなかで一番コストがかかります。二世帯分ですからね・・・。


●完全同居型二世帯住宅

共有部分が使いにくい。相手に気を遣うことも。。。時間帯のブレによる音の問題もある。


●部分共有型二世帯住宅

共有部分での二世帯間の思いや考えを合わせる努力が必要になる。


部分共有型二世帯住宅例

玄関・バスルーム共有。

LDK・洗面・洗濯パン・トイレは各世帯に配置。

子世帯LDK


親世帯LDK


完全同居型二世帯住宅例

1階にはLDK・トイレ・バス・親世帯寝室を配置。


2階には子世帯プライベート空間とトイレ、ミニキッチンを配置しています。

狭い土地を広い空間をつくるため、子世帯のプライベート空間にはロフトをつくっています。


完全分離型二世帯住宅例

二世帯それぞれの玄関


親世帯LDK

仏間・主寝室・WCL、来客宿泊スペースも完備。



子世帯LD


子世帯キッズルーム



0回の閲覧
CONTACT
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

​〒486-0807愛知県春日井市大手町3-14-14

☎0568-82-9811 📠0568-85-0030

(株)サンケンホーム

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now